Web予約はこちら
自動音声電話でも順番受付を行っております。
受付専用番号
050-5212-9665
お問い合わせはお気軽に、042-705-3337

〒252-0318 神奈川県相模原市南区上鶴間本町4-48-24
相模大野メディカルヴィレッジA棟 

相模大野,相模原市南区,スポーツ整形,外反母趾,整形外科,リウマチ科,リハビリテーション科,あおき整形外科

ブログ

問診票ダウンロード

クレド

BLOG、詳細はこちら

よくあるご質問、詳細はこちら

HOME»  ブログ»  ブログ»  子どもの運動と骨の話

子どもの運動と骨の話

子どもの運動と骨の話

こんにちは。看護師の淡地です。
秋も深まり紅葉もきれいな季節になりましたね。
さて、私には二人の小学生の子供が居るのですが、先日子供達の通う小学校の平均運動量が全国平均よりも低いという結果が出ました
そして、うちの子供達も例外ではなく…。

では、子供が運動不足だと何が起こるのか?
事象の一つに、大人になってからの骨粗鬆症があります。
骨は乳幼児期、思春期を中心に形成され、骨量が増えるピークは女の子では11~15才、男の子では13~17才と言われています。
このピーク時の骨量が高ければ高いほど年をとってから骨粗鬆症になりにくいのだそうです。
では、具体的にどんな運動が骨形成に良いか…?
それは、上下に直接刺激が骨に伝わる、走る、歩く。何も特別な事はないのです。
もちろん運動だけでなく、
*カルシウムやビタミンDの摂取
*食品添加物(リン酸塩)の多く入った食品を食べる機会を減らす
*成長ホルモンの分泌を促す十分な睡眠
等も大切です。
近年、秋といえば食欲の秋の私ですが、今年は公園に出かけて子供達と目一杯スポーツの秋を楽しみたいと思います。

2018-11-28 16:47:03

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント