お問い合わせはお気軽に、042-705-3337

〒252-0318 神奈川県相模原市南区上鶴間本町4-48-24
相模大野メディカルヴィレッジA棟 

相模大野,相模原市南区,スポーツ整形,外反母趾,整形外科,リウマチ科,リハビリテーション科,あおき整形外科

骨粗鬆症

問診票ダウンロード

クレド

採用情報、詳細はこちら

BLOG、詳細はこちら

よくあるご質問、詳細はこちら

骨粗鬆症とは

骨粗鬆症は、鬆(す)が入ったように骨の中がスカスカの状態になり、骨がもろくなる病気です。骨がスカスカになると、わずかな衝撃でも骨折をしやすくなります。
骨粗鬆症は、それ自体が生命をおびやかす病気ではありませんが、骨粗鬆症による骨折から、寝たきり状態や認知症になる人は少なくありません。

骨粗鬆症の診断

骨粗鬆症の診断には骨密度測定、胸椎や腰椎のレントゲン撮影、尿、血液検査による骨代謝マーカーの測定を行います。当院では橈骨によるDXA法で骨密度の測定を行っております。骨密度の正常値は、成人(20~44歳)の平均値をもとにしています。

基準の80%以上 正常
70~80% 骨量減少(要注意)
70%未満 骨粗鬆症

以上の検査結果を見て、総合的に診断いたします。

骨粗鬆症の治療

骨粗鬆症の発病には、加齢や閉経以外にも食事や運動の習慣などが深く関わっています。そのため骨の生活習慣病とも呼ばれ、食事療法や運動療法も骨粗鬆症の予防には欠かせません。しかし、骨粗鬆症と診断された場合には薬が治療の中心となります。 骨粗鬆症の治療薬は、作用によって次の3種類に分けられます。

  • 腸管からのカルシウムの吸収を促進し、体内のカルシウム量を増やす薬=活性型ビタミンD3製剤
  • 骨の形成を促進する薬=活性型ビタミンD3製剤ビタミンK2製剤テリパラチド(副甲状腺ホルモン)
  • 骨吸収を抑制する薬=女性ホルモン製剤(エストロゲン)ビスフォスフォネート製剤SERM(塩酸ラロキシフェン)カルシトニン製剤

現在治療に使われる主な薬

活性型ビタミンD3製剤
食事で摂取したカルシウムの腸管からの吸収を増す働きがあります。また、骨形成と骨吸収のバランスも調整します。
ビタミンK2製剤
骨密度を著しく増加させませんが、骨形成を促進する作用があり骨折の予防効果が認められています。
ビスフォスフォネート製剤
骨吸収を抑制することにより骨形成を促し、骨密度を増やす作用があります。骨粗鬆症の治療薬の中で有効性が高い薬です。
ビスフォスフォネートは腸で吸収され、すぐに骨に届きます。そして破骨細胞に作用し、過剰な骨吸収を抑えるのです。
骨吸収がゆるやかになると、骨形成が追いついて新しい骨がきちんと埋め込まれ、骨密度の高い骨が出来上がります。
SERM(サーム:塩酸ラロキシフェン)
骨に対しては、エストロゲンと似た作用があり、骨密度を増加させますが、骨以外の臓器(乳房や子宮など)には影響を与えません。
カルシトニン製剤(注射薬)
骨吸収を抑制する注射薬ですが、強い鎮痛作用も認められています。骨粗鬆症に伴う背中や腰の痛みに対して用いられます。

骨粗鬆症治療においては内服開始後1年で、患者様の5割近くが薬を自分の判断で中止しているというデータがあります。将来の骨折予防のために決められた通りにきちんと服薬することが大切です。