Web予約はこちら
自動音声電話でも順番受付を行っております。
受付専用番号
050-5212-9665
お問い合わせはお気軽に、042-705-3337

〒252-0318 神奈川県相模原市南区上鶴間本町4-48-24
相模大野メディカルヴィレッジA棟 

相模大野,相模原市南区,スポーツ整形,外反母趾,整形外科,リウマチ科,リハビリテーション科,あおき整形外科

ブログ

問診票ダウンロード

クレド

BLOG、詳細はこちら

よくあるご質問、詳細はこちら

HOME»  ブログ»  レントゲン撮影の疑問

レントゲン撮影の疑問

レントゲン撮影の疑問

こんにちは、放射線技師の梅澤です。

今回はレントゲン撮影の疑問?第三弾です。

放射線は身体に影響が出るのでは?

こんな疑問をお持ちの方も沢山いると思いますので今回は、診断用の一般撮影についてお話をさせて頂きます。

結論から言いますと、この撮影に於いての医療被ばくの障害が出ることは有りません。

一般撮影では、部分被ばくとなり一度に沢山の放射線を浴びる事は有りません。
大人と子供・手や頭や腰によってもX線の強さも変わります、特に小児の場合には撮影時間を更に短縮し撮影します。
撮影時には照射野ランプ(X線の当たる範囲)の調整・子供等の場合は必要に応じて鉛のプロテクターを使用します。

当院でのDR撮影装置では従来の装置に比べてX線の量を減らしても画像の劣化が少ないのが特徴で有ります。

数回撮影しても、問題となるX線量には至らず、身体を通過しながら減衰し蓄積はされません。

放射線による障害の可能性としては、原爆による被ばくや原子力施設の事故による被ばく等で全身にどの位浴びたか不明な場合が一番心配だと思います。

ご不明・不安な点に於いては、お尋ね下さい。

2018-09-04 14:40:00

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント