お問い合わせはお気軽に、042-705-3337

〒252-0318 神奈川県相模原市南区上鶴間本町4-48-24
相模大野メディカルヴィレッジA棟 

相模大野,相模原市南区,スポーツ整形,外反母趾,整形外科,リウマチ科,リハビリテーション科,あおき整形外科

ブログ

問診票ダウンロード

クレド

採用情報、詳細はこちら

BLOG、詳細はこちら

よくあるご質問、詳細はこちら

HOME»  ブログ

ブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

インフルエンザに注意!

こんにちは。リハビリテーション科 理学療法士の青山です。

ここ数日でグッと冷え込みました。気象庁は、関東地方1都6県に低温注意報を発表しました。
東京では33年ぶりの発表であり、水道管凍結のニュースなどがありました。

寒くなると注意しなければいけないのは体調管理です。皆さんは感染予防していますか?
国内でインフルエンザが猛威をふるっています。
2018年1月26日の厚生労働省の発表によると、1月15日~21日にかけて医療機関を受診した人のうち、
インフルエンザの患者数は約283万人と推計されます。
家族や職場の同僚など、皆さんの身近でもインフルエンザに感染した人が増えてきた印象ではないでしょうか。



インフルエンザの予防として推奨されているのは、以下の5つです。

  1. 外出後の手洗いうがいを徹底する。
  2. 予防接種を受ける。
  3. 流行期は人混みを避ける。
  4. 部屋の湿度を保つ。
  5. 栄養と休養を取り、無理をしない。
多忙な社会人にとって、人混みを避けたり、十分な休養を取ったりするのは難しいケースも多いでしょう。
せめて、帰宅後に手洗いうがいを入念にしたり、栄養価の高い食事を取ったりと、できる範囲での予防をしていきたいものです。

インフルエンザが流行る時期、皆さんも手洗いうがいで感染予防していきましょう。
 

2018-02-04 22:07:00

コメント(0)

はじめまして

こんにちは
看護師の黒川と申します。昨年の9月より、あおき整形外科に入職させていただきました。
入職前と後に感じたことをお話しします。

私はクリニックの職員ブログを見て、職員同士の仲が良さそうだと感じたこと。また、「自分の仕事を通してたくさんの患者さんが元気になる手助けをして、地域全体を元気にする」というクリニックのクレドが自分の考えに合っていると思い、応募させていただきました。
面接前は緊張しましたが、受付の方々がとてもいい笑顔で対応してくれたこと。面接も和やかだったこと。院長先生始め、働いている方々の人柄がわかり、雰囲気が良いこういう環境で働きたいと思いながら帰ったのを今でも覚えています。

まだまだ慣れないことが多く、ご迷惑をおかけしていますが、院長先生始め、職員全員が、本当に優しくて、熱心に指導していただいています。職員みんなが優しくて、元気で明るい職場だと日々感じて過ごしています。

私が感じたこの気持ちを忘れることなく、患者様皆さんにとっても、これからも雰囲気の良い、通いたいと思ってもらえるように精進してまいります。
最後に私事になりますが、この何年かで体重が15kgも太ってしまい、現在最高体重更新中であります。このブログで今年の目標として「10Kg減量を誓いたいと思います!!」この結果は、また1年後にブログでお知らせします。

本年もあおき整形外科をどうぞよろしくお願いいたします。
 

2018-01-31 21:37:41

新年明けましておめでとうございます

院長の青木です。
あおき整形外科の職員全員がクリニックの理念やクレドに基づいて仕事をしていれば、どんな医院になるでしょう?

患者さんから支持されるでしょう。
職員一同が生き生きと仕事をするでしょう。
地域から応援されるでしょう。

本年もどうぞよろしくお願い致します。
 

社員旅行

忘年会の写真です

2018-01-11 15:32:53

コメント(0)

さようなら2017

こんにちは。
リハビリテーション科スタッフ 柔道整復師の勝田です!


早いものでもう年末が来てしまいました。
来年も今年以上に多くの人を治療で楽にできるようスタッフ一丸となり、精進してまいります。
来年も引き続きよろしくお願い致します。


余談になりますが…
先日、忘年会を行いましたのでその時の写真を載せてみようと思います。


それでは皆様よいお年を





 

2017-12-27 19:48:50

コメント(0)

放射線科より

こんにちは、放射線技師の梅澤です

最新のレントゲン撮影機器に変更!!

以前は、X線フィルムを用いて、撮影、現像をして画像診断を行っていましたが、
現在では主流のIP(イメージングプレート)によるCR(コンピューター画像処理)となり、
これからはFPD(フラットパネル)によるDR(デジタル画像)へと移行してきております。
大学病院などでは導入している施設が増えてきているそうです。

あおき整形外科でも4月からDRを導入しました。
この利点として
① X線撮影時間の短縮により被爆の低減
② 画像がより鮮明に
③ カセッテ(撮影板)の入れ替えが不要
④ 無線LANにて画像がモニターに抽出、大きな画像処理機が無くX線操作室の機器がコンパクトに

などが挙げられます。
これがFPDの写真です。

             A面                       B面
  

今後も更なる被爆低減・画像の向上に努めてまいります。
 

2017-11-26 21:34:41

コメント(0)

職員ブログ

こんにちは。

今回は受付よりブログお届けです♪

雨で寒い日が続いていましたが、久しぶりに秋晴れの気持ちがいい日になりました。

こんな日は外に出て散歩をしたくなります(^-^)

 

ただ、慣れない靴やヒールのある靴を履いて歩いていると外反母趾が痛み出します。

あおき整形外科ではたらくようになってから、私と同じように外反母趾で悩まれる患者様が多くいらっしゃることに驚きました。

外反母趾になる主な原因は、サイズの合っていない靴の着用や筋力低下などがあるそうです。

 

日頃より足のストレッチが大切になってくるのですが、最近では足のサイズに合わせた足趾間クッションを使用しています。

使い方はとても簡単で足の親指と人差し指の間に挟んでおくだけです。

挟んだまま靴下も靴も履けて、足の痛みもなくなりとても便利でおすすめです!

 

外反母趾でのお悩みや、予防をしたいという方はお気軽にご相談ください。

 







 

2017-10-30 21:58:29

コメント(0)

競泳トレーナー

初めまして。柔道整復師と鍼灸師の資格を持っている西尾です。

前職は川崎市の鍼灸整骨院で5年間働いていました。ご縁があり、4月からあおき整形外科にお世話になっています。

 

5月に競泳のジャパンオープンが開催され、私は某大学水泳部のトレーナーとして帯同してきました。普段のリハビリでは「早く痛みを取ること」を主眼に治療を組み立てていますが、競技現場では「全身の疲れを短時間で抜くこと」や「力が出しやすい状態に整えること」が求められます。同じ身体の調整でも目的が全く異なるため、当初は思うように結果が出させずにとても戸惑いました。この経験を通して「治療の引き出しを増やす必要があること」「患者さんとのコミュニケーションの大切さ」を痛感しました。この貴重な経験を日々の治療や後進の育成に活かしていきたいと思います。

 

スポーツ愛好家だけではなく、長年身体の不調で悩んでいる方まで、ぜひ一度リハビリを受けにいらしてください♪ 皆さまが今まで体験して来た整体・マッサージとは少し異なる治療を提供します。必ず、身体の変化を感じていただけると思います。お楽しみに!

2017-09-20 21:21:42

コメント(0)

社員旅行

社員旅行

院長の青木です。

先日、恒例の社員旅行に行ってまいりました。
今回の目的地は・・・広島、宮島です!

観光やご当地グルメを堪能し、
愛媛の今治まで足を延ばした行動派のメンバーもおりました。
世界遺産や現地の食文化などに直接触れて
気持ちもリフレッシュし
職員同士の絆もより深まった3日間でした。

明日からはまた気持ちを新たに、
よりよい診療が出来るようスタッフ一同努めてまいります!
 

2017-08-23 10:03:53

コメント(0)

私の筋肉ポンプ

当院、勤続5年目の看護師です。
最近、外来受診する女性の患者様に、足のむくみのある方が多いと感じています。

下半身には、全身の約70%の血液が集まっており、ふくらはぎは、第2の心臓とも呼ばれています。
ふくらはぎには、血液を心臓に送り返す働きがあり、この筋肉ポンプの作用が衰えると、血液がよどみ、老廃物が血液の中にたまりやすくなり、冷えとむくみが起こります。

当院では、このような方に着圧ストッキングをすすめています。はくのに力が必要なので、自力ではくのは難しい、という方もおりますが、愛用者からは“むくみが軽くなった” “はいていて気持ちがよい”という声が聞かれています。

当院の看護スタッフも、着圧ストッキングをはいています。
ただ、私は、むくみとは無縁なのではいていません。
2回/週のバレーボール、3回/週のテニス、毎日の自転車通勤でふくらはぎの筋肉ポンプが発達しているのではないか、と思います。
運動習慣の大切さを実感しています。

足のむくみでお悩みの方、私達スタッフにお気軽に声をかけてください ♪




                                                                                                                              

2017-06-26 16:33:58

コメント(0)

リハビリ室の紹介

こんにちは。リハビリテーション科受付の波田です。
今回は当院のリハビリテーション科について紹介させていただきます。

リハビリテーション科スタッフは理学療法士4名、柔道整復師6名、受付スタッフ2名で運営しております。
リハビリ治療は主に予約制で行っておりますが、予約をとり来院する事が困難な方には、診療時間内に来院していただければ対応させていただきます。


いずれの治療においても、個別対応により症状をしっかりと判断し、患者さまに最適なリハビリメニューを製作いたします。
テーピング指導や、自宅でのセルフケア・生活習慣の改善なども行っております。

最後に受付スタッフの紹介です。
私たちは、来院された患者さまがスムーズにリハビリメニューを受けれるよう、治療順番の管理や予約状況の管理等を行っております。
予約制の患者さまの予約のキャンセル・変更等は電話での対応もしております。
いつも笑顔で丁寧な対応が出来るよう、日々心がけております。
どんな些細なことでもお気付きのことがありましたらお声かけ下さい。

2017-05-31 15:58:03

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4